社員旅行に行ってきました

6月15・16日に金沢へ社員旅行へ行きました。

就業後、新幹線で片道2時間半の旅です。
金沢へは19時過ぎに到着しましたが、店じまいがとても早い!
デパートは既にシャッターが降り、金沢の台所として有名な近江町市場は人がほとんどいないシャッター街のような風貌に。予約したお店も近江町市場内だったので、緊張しながら向かうと…ちゃんと開店しています!

お店はこちら、鮨 歴々 近江町店

予約席多数の店内は活気に溢れ、お客さんの笑顔に一安心の一行。

突き出しからお刺身・お寿司や最後の巻物など、どれも本当に美味しく、特にお寿司は絶品ばかりで一時無言で食べ進めました。金沢で是非ともオススメしたいお寿司です。

翌日は近江町市場のリベンジ。昨夜とは打って変わって活気に満ち溢れていました!朝どれのウニやエビがその場で食べられ、踊り食いのボタンエビは「プリップリ(by社長)」で最高だったよう。いただいたウニは醤油不要の美味しさで、とろける甘さが絶妙でした。

その後は金沢城公園→兼六園→21世紀美術館→ひがし茶屋街の王道プラン。
人もまばらな金沢城公園とは比べ物にならない人の多さだった兼六園は、新緑が美しく、桜や梅の時期はきっと更に美しいのだろうと想像しながら周りました。

謎のゆるキャラも必見です

兼六園に負けず劣らずの賑わいだった21世紀美術館。今回はアイ・チョー・クリスティンの現代アートとコレクション展を観覧。前者の作品は絵画の他にインパクトのあるインスタレーション作品も展示されており、見応え抜群。コレクション展も様々な角度から作品を見てみようという内容で、楽しく観覧できました。
有名なプールの作品も見ることができて大満足です。

渋い定食屋でお昼をいただいた後は、ひがし茶屋街を散策。老若男女大変な賑わいです。古い町並みとモダンな街灯、色鮮やかな着物姿の女性たちが花を添えていました。金箔推しがかなり強く、ソフトクリームやカステラ、化粧品など様々なものに使用されていて面白かったです。

各々散策を楽しみ、金沢駅へ。
食や文化をギュッと詰めて堪能した一泊二日となりました。